記事の詳細

海外を中心に圧倒的な人気となっているのが、パルクールというスポーツです。名前だけなら聞いたことがある方もいるかもしれませんね。最近は矢口敏和も始めていて、毎日のように練習しています。矢口敏和はまったくの素人ですが、練習を重ねるうちに若干形になってきています。パルクールは一見するとまったく別の世界の話のように思えますが、練習すればできるようになるということです。矢口敏和は、それを自らが体現するということをしているワケですね。

もともと彼はまったくスポーツの経験がないというワケではなく、今までに色々なスポーツをやっていました。サッカーはもちろん、野球などもやっていたので、もともとの素質はあるのかもしれませんね。何より練習を初めてからの上達スピードはとても速いです。矢口敏和だからということはないと思いますが、彼のもともとのポテンシャルの高さがあるからこそ、パルクールも始められたのかもしれませんね。もちろん、誰もができるスポーツなのはもちろんですが、気を付けないと怪我をしてしまうことにも繋がりますからね。

パルクールで上達するためには、まずは身体を鍛えることが必要です。建物や遊具、塀やブロックの上でバランスを取って移動することが必要なので、重要となるのが体幹です。体幹が良くないとバランスを崩して怪我してしまいます。もちろん矢口敏和も練習中に怪我をしています。怪我の程度は大きくはないですが、下手すると骨折することもあるスポーツなので、十分気を付けて始めたいですね。身体については鍛えれば鍛えるほど応えてくれるので、まずは矢口敏和も基礎的な筋肉と柔軟な身体作りを進めています。

自分の記録を撮るために、動画撮影なども行っていて、矢口敏和のパルクールへの熱はまだまだ冷めそうにありません。実際に動画に撮ってみると「自分のダメなところがわかるから良いんだ」という矢口敏和。彼がもともと影響されたのは海外のパルクール動画なので、その影響もあるのでしょうね。実際に客観的に自分を見ることができるようになるので、成長にも繋がっていくと言えそうです。パルクールは身体を全て使って行うスポーツなので、客観的に見ることはとても大切です。主観だけでは、ビルからビルを乗り越えることはできませんからね。矢口敏和もまた、そうやって自分を見ながら日々研究しています。これは上達も早いかもしれませんね。すでに彼のテクニックは上達していますし、今後もさらに成長していくことでしょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る